西表島ジャングルホテルパイヌマヤの

「SDGs推進にむけた取り組み」

西表島ジャングルホテルパイヌマヤは、国際連合が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し、訪れてくださるお客様とともに持続可能な社会の実現に取り組んでおります。

SDGsとは

sdg_poster_ja_2021

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。
2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

環境への取り組み

アメニティの持参を呼びかけ

歯ブラシ、コーム、シェイバーなどの大量廃棄にな��物を持参して頂く事をHPで呼びかけています。

バスアメニティーを詰め替え式にして廃棄削減

シャンプー、リンス、ボディーソープを中身を詰め替える事で容器の廃棄を削減しています。

リネンの交換を希望、再利用のお願い

タオル、シーツ交換を希望制にし洗濯回数を減らし節水しています。
連泊ゲストのシーツ、タオル類の再利用呼びかけを行い洗濯回数を減らしています。

沖縄由来の体に良いさんぴん茶を各部屋に提供

客室にペットボトルの水の代わりにティーパックのさんぴん茶を各部屋に提供する事でペットボトル廃棄を削減しています。

フェアトレード認証コーヒー(UTZ認証)の使用

生産者の生活改善と自立を目指す「公平な貿易」を守る活動に賛同し、フェアトレード認証コーヒーを使用しております。

地域社会との共生

給水どころ(MMO)

マイボトル持参で給水を行いペットボトル廃棄を減らす活動を行っています。
毎日、水��検査を行い良質で安全な水の提供を行っています。

地域のビーチクリーン、レジャー施設でのクリーン活動

ビーチクリーンを行い、海岸に流れ着く漂着ゴミの回収しています。
レジャー施設ゴミ拾い、マングローブ地帯のゴミ拾いを定期的に行っています。

マングローブ林の保全、エコツアーになる啓蒙活動

アクティビティツアーを通してお客様に環境保全の大切さを知って頂く活動を行っています。

地産地消の心がけ

地域の食材を使用することにより、地域貢献やお客様に地域の魅力を知って頂く機会を増やす事に繋がります。

働きやすい環境作り

平等な職場環境作り

性別、年齢、国籍、信仰に関わらず雇用、評価システムを行っています。

尊重しあえる環境作り

雇用形態に関わらず個人の意思と努力を尊重し、協力し合える職場づくりをしています。

ライフ・ワーク・バランス

業務の効率化や定時退社の奨励による労働時間の削減、有給休暇取得の促進、育児休業制度、介護休業制度などの整った環境を提供しています。

最新機器の導入

レストランオーダーシステムをQRコードによる注文する事で、従業員への負担を軽減しています。